人生百色

いろいろあるけど、よりよい人生にしたい♪

お出かけ 経験まとめ

はじめてのエアビーアンドビー(Airbnb・エアビ)に宿泊!日本人が国内旅行(金沢)で利用してみたメリット・デメリット

投稿日:

キャリーバック

エアビーアンドビーってご存知ですか?

エアビとか、エアービーアンドビーとも言われる宿泊サービス。

 

エアビーアンドビーのサイトやアプリを通じて、
予約する宿泊サイト

ホテルではなく、管理者であるホストとやりとりをして
宿泊サービスを受けれるサイト
になります。

 

宿泊施設といっても、ホテルより、そのサービスや環境は実にさまざま!

 

こんな素敵なところに泊まれちゃうの?!

嬉しい驚きもあれば、

世界では、思わず怖くなってしまう、悲しいニュースも(>_<)

 

でも、
そんな悲しいニュースを聞いて、
「やっぱり怖い。。。」と決めつけるのはもったいない!

せっかくの、「現代だから体感できる価値」の恩恵を楽しみましょう(^^)♪

 

バイリンガールちかさんのyoutubeで知ってから、ずっと気になってたエアビーアンドビー。

先日、親と一泊二日旅行をする機会があったので、
チャンス!と思って利用してみました(^^)

 

スポンサードリンク

予約後の当日までの流れ

スマホメール

予約して申込みが完了すると、その宿泊施設の管理者である、ホスト とのやりとりが
スタートします。

 

また、宿泊施設を探す時に見れる物件ページの他に、
ホストとのメッセージ「受信トレイ」の「詳しくはこちら」をタップすると、

ホストへ電話がかけれたり、
最寄駅からの行き方や詳しい住所
チェックイン/チェックアウト、
自動チェックインならチェックインの方法
合計金額 といった、

申込み完了後にしか公開されない内容が見れます。

 

改めて、荷造りをする時に知っておきたいアメニティなどをページで確認の上、
「これはあるの?」
といった設備に関する質問や、

周辺環境についての質問があれば、聞いてみましょう。

 

ホテルとは違うので、
「普通あるじゃん」は、通用しません。

かならずご確認くださいね(^^)

 

管理会社を入れているところは、
お客さんへの対応・管理が仕事なので、返事がほんとうに早くて迅速ですが、

個人事業主っぽいところは、
1~数時間内に返事が来るというイメージで、
もし別の仕事をしていたとしても、よっぽど1日以内に返事がくるかと思います。

 

ただ個人的に、質問はまとめて簡潔に行い、
なるべくホストの方が手間がかからないよう、配慮もした方がいいかなと思っています。

高級ホテルに泊まるわけではないですし、
基本的に「お互い様」とか、
あくまで個人同士のやりとりといった心は大切にしたいですよね(^^)

 

私は、アメニティやコメントで「シャンプーはありません」とありましたが、
写真にシャンプーらしきものが写っていたので 実際はあるのか?と、

逆に、写真で冷蔵庫を見つけれなかったので 冷蔵庫があるか?と、

チェックインについて15時としか記述がなかったので、
何時頃と言った到着予定の報告がいるかどうかを確認しました。

報告を求めるホストもいれば、不要なホストもいます。

 

また、こちらからだけでなく、
ホストからも車で来るかどうか?など、必要に応じて質問があります。

 

いざ、当日 エアビの宿泊施設へチェックイン!

地図で場所を確認したり、教えてもらった行き方で宿泊施設へ向かい、

指定の方法で鍵をあけ、いざお部屋へ入室します。

 

セルフチェックインの場合、

ほんとうに一回もホストに会うことなく、
チェックイン~チェックアウトまで過ごすことができちゃう
ので、

いろんなやりとりが苦手な方や、気ままに過ごしたい方、
人見知りな方などは、
セルフチェックインできる宿がおすすめです。

 

わたしたちも、
指定のとおり駅からてくてく歩いて、すんなりと到着することができました。
(念のため、googleナビも立ち上げておきました。)

 

ホストが建物外観の写真をupしてくれていたり、
upしていなくても、今はグーグルのストリートビューがあるので、
事前に目印や、泊まる施設の外観をチェックして行くと見つけやすいと思います。

ゲストハウス

 

「見たみた、この写真。ここだね!」

無事到着です。

ゲストハウス

 

ただ、実際に行ってみないとわからないところもあり、
「なるほど、ページにこう書いてあったのは、これだからだったんだねー」って話はありました。

(宿泊にあたり問題になる内容ではありません。)

 

いよいよ、セルフチェックイン。

チェックイン 玄関

 

無事鍵があき、
中に入ることができました。

 

エアビの宿泊施設 写真と現実のギャップはある?

エアビの宿泊施設は、一般的なホテルと違い
個人が経営するものなので、

・事前に見れる施設写真は素人の撮影であること

写真の枚数はホスト次第で、たくさんあるところもあれば、少ないところもあること

インスタや画像検索でヒットするものではないこと
既存客の撮影した写真が見れない。エアビのレビューは文字のみ

これらのことから、

施設の紹介ページと現実で、
どれくらいギャップがあるのかな?っていうのは気になっていました。

いざ、中に入ってみると・・・

 

玄関

靴置き場はそんなに広くないけど、
アパートと思うと、こんなもんかなって感じのスペースはあります。

そして、その右に洗濯機

こういう設備が、エアビならではっていうイメージですよね(^^)

 

そして、傘立てには、ビニール傘が2本たてられていました。
(嬉しい配慮!)

そして、下駄箱に使っていいのかな?
下駄箱的な棚。中はからっぽでした。

スリッパは、人数分「いらっしゃいませ」とならべられていましたよ♪

玄関・洗濯機

 

下駄箱の上には、宿帳やゲストノートが。

宿泊ノート

なんとか協会の規定で、宿帳には必ず記帳が必要なのだそうです。

フリーWI-FIのある施設だったので、
wifiについてと、海外から来た方へのお願いの掲示がありました。

 

寝室

わたしたちが今回借りたのは、1DKの間取りのアパート。

まずは荷物を置きがてら、メインのお部屋に行くと・・・

うん、(いい意味で)写真通りですね。

 

11月の金沢で少し寒い日だったのですが、
レビューにあったように、エアコンの他にヒーターも一つあって、
あたたかく過ごせました。

布団も、別に普通の布団だけど、
清潔感があって、文句なしです◎

2段ベッドで、下は座ると頭をうつくらいの高さだけど、
2段ベッドってそんなもんでしょって感じなので、大丈夫です。

2段ベッド

左下にちらっと写ってるのは私のトランクなのでお気になさらず。

クローゼットはこんな感じでした。

外観から想像するにぴったりのクローゼットですよね。
この時代の建物ってこんなつくりだった!

ハンガーは4本くらいありました。

クローゼット

あと、ベッドの手前に
一人がけソファが2脚と、ローテーブル、テレビがありました。

 

ローテーブルの上には、
金沢の観光地などのマップと、部屋を使用するにあたるマナールールブック

そして、ウェルカムスイーツ

ウェルカムサービス

小さいサイズのいろんな味のお煎餅で、
美味しかったです(^^)

 

キッチン

キッチン設備は、エアビならではですよね。

宿泊施設により、設備の内容は違いますが、
割とここは充実している方なのかも。

冷蔵庫と電子レンジ。

ちらりとタオル一式も写ってますね。

大体タオルは、バスタオルとフェイスタオルが人数分 というイメージなようです。

冷蔵庫と電子レンジ

 

冷蔵庫の上のお皿やお箸、スプーン、フォークなど。

人数分はあります。

お皿など

 

ちなみに、冷蔵庫をあけたら、
お水とキットカットが入っていました。

キットカットは海外でも人気がありますし、
抹茶味。

完全に外人さん向けですね。

ウェルカムサービス

あとは、洗い場と1口IHコンロ、棚がありました。

下の棚の中には、フライパンと片手鍋が一つづつ入っていたと思います。

ちなみに、上の棚をあけたら、
ペンネが置いてありました。

たぶん、いつかのゲストのおいて言ったものでしょう。

気づいてなさそうだったので、そっとわかりやすいところへ出しておきました(笑)

 

トイレ

トイレって地味~に気になるところですよね。

きれいであってほしい!

 

トイレ

うん、合格◎

最新設備でなくていいから、
座った時に冷たくなくて清潔感のあるトイレがいいですよね(>_<)

 

お風呂

そして、トイレ同様お風呂も気になる!

さあ、こちらはいかに!

 

お風呂

ま、こっちはまぁいいかなっていう感じです。

ホテルの清掃後みたいに、めちゃくちゃクリーン完璧!ってわけではありませんが、
清潔感はキープされていると思います。

 

ちなみに、ここのホストさんは、
特にアメニティ類は一切ない
ところでした。

 

こんな感じで、こちらのお部屋については、

結論!
写真と現実のギャップは全然感じられませんでした(^^)

 

たしかにレビューも多いホストさんだったので、
予約する時にレビューを参考にするといいかも。

 

ゲストノートに記帳しよう!

今まで宿泊したゲストが、
感想などを書くゲストノート。

ほんとうに色んな国の方がコメントしていて、
読んでいて面白かったし、英語の勉強になりました(^^)

ゲストノート

 

 

実際にエアビに泊まってみた感想

実際に1泊だったけれど利用してみて、どうだったか?
なのですが、

エアビに泊まるメリット

ホテルより、事前に泊まる部屋が見れる

ホテルだと、けっこう代表的なお部屋の写真しか見れなかったり、
細かな写真はなかったりするのですが、
写真の豊富なホストさんだと、けっこう部屋の中をすみずみまで撮影してくれています。

 

ホテルより、予算の幅が広い。

今回で言うと、
金沢は北陸新幹線の開通に伴い、駅前のホテルがすごく値上がりしてしまいました。

宿はとにかく節約したい!

そんな旅行の時は、
今回のように、1室6800円のようなお安いところを選べるし、

逆にエアビだからこそ、
ホテルにはない空間・シュチュエーションを楽しみたい!
そんな体験価値の高いお部屋も中にはあります

 

エアビに泊まるデメリット

ホテルのようなサービスの完璧さはない

例えば、
今回で言えば、キッチンの洗い場かお風呂にしか水栓がなく、
朝、顔を洗いたい時に洗面所がない

キッチンもお湯が出るので、キッチンで洗ったのですが、
鏡がお風呂にしかないので、
女性としては、朝お化粧する時の鏡があるといいなと思いました。

あと、姿見もありませんでした。

アメニティは自分で用意すればいいけれど、
こういう、ちょっとした”設備の不足”があるのは、仕方のないことだと思います。

 

食事は自分で用意しないといけない

食事付ではないので、
(朝食くらいなら、食事付が選べるところもあるかとは思いますが、
少ないと思います。)

朝昼晩 全て外食か、買ってきたり、自分で調理して食事をとらなくてはいけません。

 

スポンサードリンク

はじめてのエアビーアンドビー(Airbnb・エアビ)に宿泊!日本人が国内旅行(金沢)で利用してみたメリット・デメリットのまとめ

いかがでしたでしょうか?

 

わたしもはじめての利用で、どきどきしましたが、

きちんと自分で調べたり、配慮をしたメールが送れるのであれば、
誰でも利用できるんじゃないかなーと感じました(^^)

 

たしかに、女性のみ 特に若い子だけで利用したら・・・
という事件も世界ではあるようなので、

海外の女子旅では、ホテルを利用した方がいいかもしれませんが、

カップルや夫婦、家族旅行で、

特に英語や現地の言葉が喋れるのであれば、心配もないのかなと思います。

 

ちなみに、近日旅行に行くのですが、
その際もエアビーアンドビーを利用します。

 

結構今回ご紹介した普通のアパート的なデザインのところが多いので、

もっともっと、
空間として付加価値の高い おもしろい宿泊地が、国内にも増えるといいなーと、
更なる今後に期待!です。

 

もし、ホストをされている方がこちらを読んでいるのであれば、
ぜひぜひ、今一度自分の提供している宿泊施設を見直して、

ゲストの旅を更に彩れないか 考えてみてくださいね(^^)

 

あ、もし
「貸し出す部屋はあるけど、センスがないから誰かプロデュースしてほしい!」
というホストさんいましたら、
コメントください。

手があいていて、ホストさんと気が合いそうだったらやってみたい♪

(人と人なので、配慮のある方のみとさせていただきます。)

 

エアビーアンドビーはこちらから↓

https://www.airbnb.jp/

 

スポンサードリンク

-お出かけ, 経験まとめ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5月・9月・12月の名古屋骨董祭り(吹上ホール)に行ってきました!出店者や次回開催予定は?

こんにちは(^^)   久しぶりに名古屋の骨董祭に行ってきました!   毎月18日に行われている 名古屋の大須「大須観音骨董市」の年齢層が高めだけど こちらはどうなの?と思っている …

菜の花

一面黄色の絨毯!渥美半島(田原市)の菜の花まつりのデート編、家族編、友達編、写真撮影編の目的別おすすめの楽しみ方をご紹介

桜よりひとあし早く楽しめる菜の花。 菜の花って、きれいな黄色で、 見てると思わず笑顔になりますよね(^^) 「一面じゅうたんみたいに菜の花が広がった菜の花畑が見たいっ!」 というわけで、 愛知県で菜の …

スイーツ

大阪、東京、名古屋などで開催している『スイーツマラソン』の疑問を解決!もっと楽しむコツも!

え?! スイーツマラソン?!     お菓子食べながら (正確には給水ポイントならぬ給スイーツ所でお菓子補給しながら) 走るって、   お腹いたくならないの?! 美味しく …

御蔵島 イルカ

イルカと泳ぐドルフィンスイム!御蔵島フェリーツアー体験ブログ

これ、本当に御蔵島で撮った写真です。   まるで絵葉書みたいなこの写真ですが、   生で動いてるところを、 かなり至近距離の目の前で見れちゃう!   それが、 ドルフィン …

マラソン

名古屋スイーツマラソンにエントリー!駐車場は?荷物の管理は?当日までのチェック項目まとめ

名古屋スイーツマラソンにエントリーした! は、いいけれど、   はじめてのマラソン大会への出場。   当日までの準備と言ったら、 体のトレーニングはOKだけど、   必要 …