人生百色

いろいろあるけど、よりよい人生にしたい♪

ハンドメイド作家裏話

卵から学ぶ、あなたのファンを増やす方法

投稿日:

こんにちは。

ちょっと今日は、
あぁ、あの頃のわたしはほんとうにばかだったなぁと振り返ることがあったので、

同じようなことを他の方にもしてほしくないなぁと思い、
書こうと思います。

 


卵から学ぶ、あなたのファンを増やす方法とは?

私は、他の記事でも書かせていただいてますが、
ハンドメイド作家をしています。

 

スポンサードリンク

 

なんでこんな匿名ブログをやっているかというと、

ハンドメイドの方のブログでは書けないこと

正確には、
・ブランドイメージにそぐわないので書けない
・内容的に、ブランドブログのお客様は興味がないかもしれない
・お客さまより同業他社である作家さんにシェアしたい内容
といった理由で、書かない

の2つの側面があるのですが、

そういった内容がちょこちょこあり、
でも、文章を書くのが好きなので、こういった別のサイトをもっています。

 

で、話は戻して。

 

スポンサードリンク

 

ある日、卵焼きを作ろうと思って、
卵を割ったんですよね。

 

そしたら、

そう、双子だったんです♪

 

単純明快単細胞なわたしは、

「わぁ~双子♪」なんてプチ感動+プチ驚き+喜んだわけですが、

その瞬間に、

あ。。。
って、思い知らされました。

 

 

今、ハンドメイドの商品を買っていただいた方に、

簡単可愛くラッピングをして、
メッセージを沿えてお送りしている
んですけど、

ラッピングをするようになったのは、
ここ1年くらい
なんですね。

 

 

むしろ、ハンドメイドの販売を始めたころは少しラッピングぽくしてて、

途中からやめちゃったんです。

 

 

なぜやめてしまったのか?

 

そこまでしなくていいか

つまり、あえて極端に表現するのであれば、
「そこまでするのは”損”」
「そんなに至れり尽くせりする必要なない」

と判断してしまったのです。

 

たしかに、いろんな販売活動を見ていると、
そこまでしなくていいんじゃあ。。。
ということもあったりしますし、

(個人的に、昔tetoteでやってた時に
”おまけ”をつける方がちょこちょこいらっしゃったのを拝見して、
そこまでしなくても。。。逆に、おまけ分も製品代に含まれているなら、
その分安くしてよって思われそうだし、

そのおまけがお客さん的に魅力的じゃなかったら、
むしろマイナスイメージ。

そして、ただの実費なんだったら、商売として不健全だから、
やるべきではないよなぁ。。。と思ったのですが)

今回のラッピングについても、
別にそこまでしなくても。。。という意見も、それはそれで賛成でもあります。

 

ただ、先ほどのおまけとは違い、
(おまけもモノによるのですが)

今回のラッピングは、”お金をあまりかけずに簡単可愛い”で、できちゃうことだったので、

その1人のお客さんに当たり100円もかからないラッピングをケチって、
「普通」で終わる
より、

その100円を損して、
「ちいさな感動」を与える
方が、

よっぽど徳をつめるし、100円以上の価値を提供できるよなぁって思うんです。

 

例えば、

100円を100人にかけたら、
単純計算100×100で1万円なわけですが、

その100円ラッピングのおかげで、
300円分の価値を感じてくれたり、
1000円分の価値を感じてくれたり、
0円分にしかならない人もたまにいて、

意外と1万円以上になることもあると思うんです。

 

で、今の例えはわかりやすくするために”円”で表示しましたが、

実際には”お金とはまた違った、円とは違う単位の価値”が提供できることになるわけです。

 

商品は、その値段で買っているのだから、お金の単位の価値になりがちなのですが、

金額のついていないことについては、
なんとも言葉では表しにくい、ナニカの価値指数が上がる
のです。

 

グラフ 上昇

 

だって、

5000円の商品を買ってラッピングして届いたら、

これ、6000円分嬉しいなー!って
なりませんよね?

 

これで5000円は、安かったな♪

いいものを買えたな♬

 

そして、可愛くラッピングして届いて嬉しかったな♪

ここで買って買ってよかったな♬

(また機会があったら、ここで買おう)

と、なると思うんです。

 

スポンサードリンク

 

最初はやってて途中でやめて、
はたまた再開したきっかけは、
たまたま人に言われたから なのですが、

卵の双子に、
ことごとく、「価値を提供するってこーゆーこと」って、教えてもらっちゃいました。

 

元々両者(ラッピングする派・しない派)の考えに異論はなかったし、

今でも、ラッピングしない派を否定する気持ちは皆目ありません。

 

ただ、もし迷うのであれば、

お安く可愛くできるのであれば、

ちいさな感動 を、 商品とは別の価値 を、
提供することをおすすめ
いたします。

 

この、”お安く可愛く”がポイントで、

私も100円もかかっていません。

 

今は可愛いマステやはんこ(スタンプ)、無料画像などたくさんあるので、
工夫次第でいろいろ差別化ができるかなと思います。

 

マステ

 

ぜひぜひ、
私の失敗談から、あなたの商売繁盛にお役立ていただければと思います(^^)

 

スポンサードリンク

-ハンドメイド作家裏話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

計算式

ハンドメイドアクセサリーの正しい値段の付け方【原価3倍は間違い?】

ハンドメイドアクセサリー販売のスタートで直面する、最初の難関は、 「値段の付け方」と言っても、過言ではないと思っています。   「最初は趣味だったし。。。」と、正しい値段をつけれていなかった方も、ぜひ …

アクセサリーショップ

creemaの実店舗クリーマストア【新宿・札幌】で委託販売した結果

こんにちは、momoです。 たくさんの素敵なハンドメイド作品が買える、人気のオンラインショップ「creema(クリーマ)」。 クリーマさんは実店舗もあるので、「実店舗に出店(委託販売)をしてみたい!」 …

電卓 女性

パーツクラブのアクセサリー材料を安く買う6つの方法

こんにちは^ ^ 趣味で作る方〜ハンドメイド作家のプロまで、 幅広く愛されている、ハンドメイドアクセサリーの材料ショップ パーツクラブ。   ちょっとでも安く買いたい!と考える方は多いと思い …

カメラとモノクロ写真

名刺サイズで写真をプリントする方法〜写真屋さんで安く現像するポイント付〜

こんにちは^ ^ ハンドメイドの委託先の関係で、 名刺サイズの写真を準備しないといけなくなりました。   調べてみたら、L版の2コマ印刷にすると一番近いサイズになるとのこと、 操作方法を店員 …

プラフックを貼った台紙

【アクセサリー委託販売】台紙のプラフックを綺麗にはがす方法

委託販売で商品を送ると、アクセサリー台紙の裏面に、プラフックを貼られることがあります。 プラフックは綺麗に剥がせないので、その台紙は、基本的に使い捨てになっているのが現実ではないでしょうか? 取引先か …