人生百色

いろいろあるけど、よりよい人生にしたい♪

ハンドメイド

ハンドメイド作家の悩み「値段を上げられない!」正しい金額をつけれない、意外にも身近な原因とは?

投稿日:

電卓をもつ女性

こんにちは(^^)

人気のハンドメイド作家のお仕事。

 

今日はその、”ハンドメイド作家あるある”な悩み
「値段を上げられない!」について、

正しい金額をつけれない、意外にも身近な原因について書こうと思います。

 

「売れない」
「値段をどうつけたらいいかわからない」
「値段をあげたいけど、あげたら売れなくなりそうで怖くてあげれない」

などといった悩みよく聞きます。

業界の方ならご存知だと思いますが、
たくさんの方が悩まれていますよね(>_<)

 

わかるんですよ。

私もハンドメイド作家なので。

 

必ずみんなが通る道 といっても過言じゃないと思います。

 

そう。”通る道”と表現したように、人気作家さんは、そこにいないんですよ

そんな悩みをもっていないんです。(別の悩みはあると思います。)

 

「(人気で)売れてるからでしょ」
って声が聞こえてきそうですが、

そうではないんですよね(^^)

 

売れてるから、「値段を上げられない」悩みがないんじゃなくて、
その悩みが解決済みだから、そこで悩んでないんですよ。

 

つまり、
今悩んでいる方は、「今」悩んでいるだけで、
そのゾーンから抜け出すことが可能!
ということです。

 

スポンサードリンク

 

ちなみに、私がその”お値段悩民(なやみん)”から脱退できたのは、

お金をきちんといただく方が、お客様の満足度があがる”こと、
商品の価値もあがる”こと が、
体感ベースでわかったからです。

 

これはもう、値段を上げることが”怖い”と言われたらどうしようもなくて、

「勇気を出して」と、応援するしかこちらはできません(>_<)

 

わたしも、勇気を出して一歩ふみだしたから、
ぬけだすことができました。

 

だからこそ、
お値段悩民の方達が、
どうしてなかなか抜け出そうと行動(したいのに)できないのかなって考えていたら、

ある日、ある気づきがあったのでシェアしたいと思います。

(この、行動したいのになんかできない っていうのが重要なポイントだったんです!)

 

スポンサードリンク

 

 

その日も、作家仲間でお茶をしていました。

おしゃれなカフェで、
出てくる食事を写真におさめるわたしたち。

 

ウェブショップを中心に活動しているわたしは、
最近のマーケットイベントの状況がわからないので、
イベント系の状況変化の情報は、こちらでリサーチしています。

 

どうやら最近のハンドメイドマルシェでは、

三桁やほとんど1000円くらいの、
「わたし趣味なんで。。。材料費がもらえれば」的な方が多いそうで、

お値段悩民に所属している なや美ちゃんが「厳しい~(>_<)」と嘆いていました。

なや美ちゃんは、材料費+少しの金額=上代をつけています。

 

ただその場合、
材料費がほとんどで、手間をかけずにつくれるもの ならまだいいのですが、

材料費はあまりかからないけれど、
手間がすんごーく 何日もかかってしか作れないもの だと、

はっきり言って、それは 大赤字 です。

 

そして、なや美ちゃんは、その大赤字である後者のタイプの作風だったのですね
えらいこっちゃ~

 

で、なぜ彼女が値段をあげれないのか?

 

よくよく

よーくよく

いろんな話をしていたら、

もしかして!ってことに、気づいちゃったんです。

 

 

それは、

なや美ちゃん自身が、
安い物しか買っていない
 んです・・・!

 

100%これが原因とはいいません。
(ここではお話できない別の理由もありました。)

ですが、
お値段って、結局”自分のものさし”で決めるモノじゃないですか。

つまり、自分の感覚。

要は、自分のコンフォート(快適)ゾーン

 

普段3000円くらいの買い物をする人が、

30000円の10倍の商品をつくって売ることは、

やれそうで、やれないこと
なのです。

 

転売系は別ですよ?

これは、30000円くらいの価値があるってわかってるから、
30000円の値段をつけて販売できます。

でも、
自分で30000円の価値を生み出して販売するのは
その”セルフイメージ”が許さないんです。

 

要は、自分の意志というより、脳が拒否するんです。

これはもう、脳科学の話です。

 

そして、そんなことに気づいた時に、
(なや美ちゃん本人にも伝えました)

ある人にその気づきをシェアしたら、その方もこんなことを言っていました。

 

人は、自分の中にある、
ほんとうに一番つきつめたものを作ることはできないと思う。」と。

 

つまり、
人は、自分の中の一番エネルギーの高いものを具現化できない
ということなのです。

 

この理論の精度はわからないけれど、

ある程度の確率ではあてはまる気はします。

 

よく聞く例えで言うと、
一番の先進技術は、開発者の頭の中にある というやつです。

 

 

だからといって、
じゃあ身の回りのものを買い換えるわけにもいかないのが現実なのですが、

これをふまえて、じゃあどうしていこう?

 

そんな、更なる飛躍のなにかヒントになるんじゃないかと思い、
シェアすることにしました。

 

わたしもまだまだなので、
これからも頑張ります♪

そして、なにか気づきや、これいいよっていうなにかプラスになる情報があったら、
シェアしていきたいな~と思います(^^)

 

ちなみに、こちらも人気です↓
ご興味ありましたら、併せてご覧ください。

インスタグラムでハンドメイドのプレゼント企画!やり方とやってみた結果は?

 

 

スポンサードリンク

-ハンドメイド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポストに投函

急ぎで発送!ポスト投函で、きちんと速達で配達してもらうコツと注意事項!

オークションやフリマサイト、ハンドメイドやせどりの個人間売買が盛んになり、 利用する人が増えた郵便物。   「急ぎで必要なんです!」 「何日までに届けていただけますか?」   購入 …

卵から学ぶ、あなたのファンを増やす方法

こんにちは。 ちょっと今日は、 あぁ、あの頃のわたしはほんとうにばかだったなぁと振り返ることがあったので、 同じようなことを他の方にもしてほしくないなぁと思い、 書こうと思います。   卵か …

ぽんぽんヘアゴム 完成

細かく写真付きで失敗なし!子供用のリボンのボンボンヘアゴムの作り方♪

こんにちは(^^) リクエストいただいたので、子供用のヘアゴムをつくることになりました。   こんなん作って~と見せられたのは、 リボンでできたボンボンのヘアゴム。   可愛いねぇ …

ハンドメイドアクセサリー

5ステップ!パーツクラブで買ったアクセサリーパーツを店舗に行かずに不良品交換してもらう方法

こんにちは(^^)   趣味やお仕事として、 アクセサリーづくりを楽しんでいるみなさまへ、 ぜひシェアしたい!と思い書こうと思います。 さくっと検索したら、特にヒットしなかったので、尚更。 …

プレゼント

インスタグラムでハンドメイドのプレゼント企画!やり方とやってみた結果は?

インスタグラムで企業や作家さんが行っている、 ”プレゼント企画”。   わたしも、 実際にやってみました!   企業の方がやるのと、作家個人がやるのとでは、 ちょっとやり方とか違う …